クラミジアにはこれ!「ジスロマック」

かなり認知度の高い性病「クラミジア」。それを治す薬として広く知られている「ジスロマック」。当サイトではジスロマックの取り扱い方法、副作用、他にどのような病気に効くのかを解説してます。

のどが痛い場合のジスロマックの投与と双極性うつ病

ジスロマックは細菌を殺菌するために処方される薬でのどが痛い時などに病院で飲み薬を処方されることがありますが、世界的には細菌感染の場合にのみ処方されるジスロマックは日本では風邪を引いた時の痛い症状を緩和するために処方されることがあります。ジスロマックの働きによって細菌が死滅することで痛い症状が緩和されて炎症なども改善するので発熱をしている場合には体温が下がります。ジスロマックはさまざまな細菌に有効なので呼吸器だけでなく耳鼻咽喉科などでも処方されていて、インフルエンザを含めて様々な病気の治療に使われています。日本の場合は細菌感染がなくても予防のために使用されることがあるので、世界的にも抗生剤の使用量が多いとされています。ジスロマックは肺炎球菌や百日咳菌やクラミジアなどに有効な抗生剤で、1日1回3日間服用するだけで2週間程度は効き目が持続するので少ない服用で高い効果が実感できる薬です。双極性うつ病は気分が沈み込んでいてうつ病のように見える時期もありますが、急激に機嫌が良くなってハイテンションになる時期のある病気で双極性うつ病を一般的には躁うつ病と読んでいます。この病気はハイテンションで活動的な状態と、憂鬱で無気力なうつ状態を繰り返すので大きな買い物をしてしまったり、ギャンブルでお金を使い果たしてしまうことがあるので、家族で監視をしなければならない病気で、双極性うつ病に関しては本人が自覚をしていないので、うつ状態の時は精神科などに通院をしても躁状態になると通院をしなくなるという特徴があります。治療法としては薬物療法を基本にしますが、薬の使い分けが難しい病気なので専門医による治療を受けることが大切です。