クラミジアにはこれ!「ジスロマック」

かなり認知度の高い性病「クラミジア」。それを治す薬として広く知られている「ジスロマック」。当サイトではジスロマックの取り扱い方法、副作用、他にどのような病気に効くのかを解説してます。

中だしでなるクラミジアと抑うつの人のジスロマック

ジスロマックはクラミジアという性病を治療する薬の1つです。

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖、過激な性行為によって男女が感染する性病の1つです。

オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなどの過激な性行為によって男女が感染、1度の性行為で50%の確率で感染します。

クラミジアは女性なら膣、子宮けい部、男性なら尿道にすみつていおりたとえば、女性が男性の性器を口の中にふくみ、なめしゃぶるフェラチオをすると、もしかした女性の喉にクラミジアが感染するかもしれません。

すると女性は風邪のような症状に苦しみ、なかなかよくならないかもしれません。というのも今回の場合、風邪ではなくクラミジア感染による症状なので、クラミジアを治療するジスロマックのような薬をのまねばなりません。

ジスロマックは1回2錠(1000mg)のむだけで、クラミジアを7日間予防する効果があります。これまでクラミジアの薬は、長期にわたってのまねばならず、のみ忘れる恐れがありました。

しかしジスロマックは1回のめばよく、とても治療しやすくなりました。

とはいえ、薬なので副作用のリスクがあります。
抑うつ状態が続いているのにさらにクラミジアにもなってしまい辛い思いをする女性
たとえば抑うつ状態の人が、クラミジアに感染することがあります。
それでなくても抑うつの症状をアモキサンやメイラックスなどの薬物治療をしている場合、それでなくても多くの薬をのんでいるかもしれません。

副作用によって抑うつ状態がよりひどくなり、寝たきり状態になってしまうかもしれません。

そのためにもうつ病など精神疾患を患っている人や、薬の服用は慎重になる必要があります。

クラミジア治療のための薬はネットで通販、個人輸入で買うこともできますが、こういう場合病院へいき主治医と相談したほうが安心できます。