クラミジアにはこれ!「ジスロマック」

かなり認知度の高い性病「クラミジア」。それを治す薬として広く知られている「ジスロマック」。当サイトではジスロマックの取り扱い方法、副作用、他にどのような病気に効くのかを解説してます。

性病の感染経路・大うつ病の人はジスロマックで治療する

ジスロマックはクラミジアという性病を治療するために使う、薬の1つです。クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が、過激な性行為によって、男女に感染する性病の1つです。

感染経路はオーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど粘膜を通してで、1度の性交渉で50%罹患します。

たとえば女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオとよばれる性行為をして、男性の尿道にすみつくクラミジアが、女性の口の中の唾液などを感染経路をたどり、女性の喉に感染したとします。

すると女性は咳、微熱、鼻炎などの風邪のような症状に、悩まされることになります。

また女性の性器の中に、クラミジアに感染している男性器を出し入れする、性行為をすれば、尿道にすみつくクラミジアが女性の子宮の中にばら撒かれ、感染していきます。このときコンドームをしていなければより感染しやすくなり、性行為によっての感染経路が確認できます。

クラミジアは今もっとも多い性病で、10~20代の若い男女に多いというのが特徴です。
薬物治療をしているのでジスロマックを飲むために医者に相談する患者
若いときは気持ちが揺れ動き、大うつ病の治療をしている人もいます。クラミジアの治療はジスロマックという薬を2錠1回のめば7日間予防効果があるといわれます。

しかし大うつ病の人は、薬物治療で他の薬をのんでいる可能性もあり、薬の副作用には十分注意が必要です。

ジスロマックのような薬は、ネットの通販、個人輸入ができますが、大うつ病の人は副作用を考えると病院で検査、薬を処方してもらったほうがいいです。

なかなか性病の治療となると病院へは恥ずかしくて行きづらいですが、2次感染を予防するためにも適切な治療を受けてしっかり治すべきです。

また性病のリスクをよく知り、過激な性行為、不特定多数の男女間の性行為を避けるべきです。